プロポリスの飲み方

スポンサードリンク

プロポリスは医薬品ではない、健康食品に類するものなので、法律上、用法・用量は記載してはいけない事になっています。実際、プロポリスはどの位飲まなけ ればいけないとか、いつ飲まなければ等と言った決まりは全くといって良いほどありません。でもこれだと、せっかくプロポリスを手に入れても、どの用紙移用 したらよいのか迷ってしまうのは間違いないと思いますので、ここではごく一般的な利用法を記載しておきます。
一般に出回っている事の多いと思われる、アルコール抽出されたプロポリスアルコール液の場合、コップ8分目くらいのぬるま湯にプロポリス液を数滴たらして からかき混ぜて飲むといった方法がとられています。この方法で、朝晩もしくは3食後といったように飲めばよいのです。滴数も特に決まっている訳ではなく、 私は体架空が大柄なので10滴とか、いや6滴にしておこうなど自由に決めて良いのです。
病気の予防が目的なら、2~3滴でもよいし、今現在の病気の治療が目的ならもっと増やすなり、目的に皇応じて増減すればよいのです。

水やぬるま湯に溶かして飲む場合、プロポリス特有のヤニが浮かびますが、このヤニが不快だと思う方はそれを爪楊枝や割り箸で軽くかき混ぜれば気にならなくなります。

就寝前
健康管理に10滴前後10滴前後
半健康人の方15滴前後15滴前後15滴前後
特に体調の悪い方20滴前後20滴前後20滴前後20滴前後

また、プロポリスを溶かすものは、水やぬるま湯だけでなく甘いジュースや、時には少量のお酒でもいけないという事はありません。お酒の飲み過ぎは禁物ですが、少量のお酒は「百薬の長」とも言われるくらいですからかえって体によいかもしれませんね。

大体の目安として、参考例を表にしておきます。あくまで参考です。

子どもに飲ませる時

プロポリスを飲んだ時には、ちょっと刺激を感じる事が多いようです。下にピリッとくる感じだそうです。これを子どもに飲ませるのにはちょっと苦痛を感じるのではないですか?決しておいしい飲み物ではないですから。 子どもに苦痛なく飲ませるには、水やお湯でなくジュースなど甘い飲み物と混ぜるのも良い方法です。
このプロポリス入りジュースを冷蔵庫で凍らせれば「プロポリス入りアイスキャンディー」のできあがりです。いろいろと工夫することで、お子様にも喜んで飲んでもらえるようになりますよ。

効果が現れるまでの期間

これはもう、ケースバイケースであるとしか表現しようがないのが実際の所です。使用する人の健康状態、体格、性別、体力など様々な要素が絡み合った結果と しての効果ですから、どの位をどの位の期間飲めば効果が出ますとは言えないのです。数々の実例を分析してまとめ上げればある程度の推測はできるようになる かもしれませんが、そういった分析は今のところ行われてはいないようです。
ただ、本当に大まかなめやすとして、大体2~3週間から1ヶ月もすれば何かしらの効果を感じる事ができるのではないかとされているようです。

スポンサードリンク
Filed under: プロポリスの効能 — admin 1:42 AM