プロポリスの組成・成分

プロポリスは何からできているのか?

スポンサードリンク

プロポリスは芳香性のある樹脂状の物質です。色は黄緑色から暗褐色までさまざまで、低温で硬くなり、高温になれば柔らかくなります。この樹脂状の物質がどのようにしてつくられるのかについては、二つの説

  1. プロポリスの樹脂状物質はミツバチが体内でつくり出すという説
  2. プロポリスの樹脂状物質はミツバチが樹木から集めてくるのだという説です。

が唱えられていました。現在では2の説が正しいのだと考えられています。
樹木は優れた殺菌・滅菌効果を持っているのですが、ミツバチはそうした樹木の持つ優れた特性を本能的に知っていて、それをうまく利用し自分たちの巣の一部に用いる事により殺菌効果を得ているのだろうとされています。

プロポリスの組成成分割合

プロポリスの成分は、ミツバチが採取してくる植物の樹液や産地、季節によって異なるので必ずしも一定してはいません。全く同じ成分組成であることはまず無いといって良いのですが、プロポリスの成分組成は、おおよそ表に示すような割合になっています。

組成成分名 割合
樹脂成分及び芳香油 約50~55%
蝋分(みつロウ) 約30%
精油、揮発油 約10%
花粉などのエステル類 約5%
各種有機物などミネラル物質 約5%

※ドイツキール大学:ハーブステン教授発表の組成成分

プロポリスには独特の香りがありますが、この香りには森林の樹木や葉が発散する揮発成分(化学成分)のフィトンチッドが含まれており、フィトンチッドは森 林浴のエッセンスといわれています。プロポリスにはこれらのバリエーションに富む有機物やミネラルが沢山含まれています。そして、今まではフラボノイドが プロポリスの主成分だと言われていましたが、最近はポリフェノールが主成分ではないかとも考えられています。

プロポリスの主な成分

プロポリスはミツバチが樹木から採集してきたものに、自らの唾液等を加えてつくるのだという事は明らかにされています。このプロポリスが高い薬理効果を生 む背景には、樹木が本来持っている腐敗防止効果に加えて、ミツバチの唾液などに含まれる成分が混ざり合ってその効果を発揮するのではないかと考えられてい ます。

プロポリスの主要な成分としては、フラボノイド、フラボワックス、モノサッカライド、セルロース、花粉、ハチの腺液などをあげる事ができます。その他にも 少量成分として、脂肪酸、アミノ酸、有機酸、エーテル、微量ミネラル(鉄、亜鉛、マンガン、アルミニウム、マグネシウム、コバルト、ケイ素、カルシウム 等)、ビタミン類(ビタミンA、B1、B2、H、E、P、D、ニコチン酸、葉酸)など、実に様々な成分が含まれています。
多種に及ぶ成分の中でも、フラボノイドはプロポリスの殺菌効果を生み出す主成分と考えられている成分です。樹木から集められたフラボノイドは、プロポリス の成分になるとその組成を変えて、更に良質なフラボノイドとなっている事が明らかになっています。プロポリスの高い効果を生む原因ではないかと考えられて います。プロポリスに含まれる多種のフラボノイドが強力な殺菌・抗菌作用を発揮する事はすでに知られています。

プロポリスに含まれる成分は何千、何万といわれ『天然薬理物質の宝庫』と呼ぶ人もいます。現在の時点では、約300種類ほどが確認されています。プロポリスは有効成分の複合体といってよいでしょう。プロポリスの効能のほどがうかがい知れます。
プロポリスがすばらしいのは、純粋に天然の産物であり、人工的な手段をほとんど加えていない自然からの贈り物であって、自然の生薬として人体にも無害だと言うことです。

スポンサードリンク
Filed under: プロポリスの効能 — admin 1:24 AM