プロポリスの抗酸化効果

スポンサードリンク

プロポリスには、最近話題となっている活性酸素を消去する抗酸化作用があります。 抗酸化作用とはどういった働きによるものなのでしょう。それには活性酸素について知らなければなりませんね。

活性酸素

人間は生命維持のために当然の事として呼吸をし、酸素を体内に取り込んでいます。呼吸により肺に酸素が送り込まれると、血液によって体の隅々にまで運ばれ ます。運ばれた先で酸素はタンパク質や脂肪、ビタミンなどの栄養素と化学反応を起こしエネルギーを発生させます。その時に、物質を酸化させる活性酸素とい う余計な酸素が発生してしまいます。
酸素は、それに触れた物質を酸化させ腐らせる作用を持っています。リンゴの霧句碑が茶色に変色するのも、鉄やゴム、タイヤなどが劣化してボロボロになるの も、この酸化作用によるものです。この作用は、人間の体に対しても同じように行われてしまいます。しかも、体内に発生した活性酸素は、より強力に酸化させ る能力を持っているのですからやっかいこの上ありません。
しかし、人間の体もうまくできたもので、この活性酸素の作用を打ち消す様々な酵素を持っています。これにより、体に障害が起きないようにしているのです。 ところが、その酵素たちにも限界があります。能力を超えるように大量に発生した活性酸素までは消去してくれません。まさしく、お手上げの状態なのです。消 去されずに増えてしまった活性酸素は体に様々な障害を与えるようになります。

活性酸素は、不健康な日常生活、例えば、過食、過労、寝不足、喫煙、肥満などを原因として過剰に発生する事がわかっています。また環境の悪化、例えば、排 気ガス、煤煙、紫外線なども原因となります。こうして増えてしまった活性酸素は、様々な病気の引き金になります。動脈硬化や老化現象、ガン、糖尿病による 合併症、胃潰瘍、肝臓・消化器の病気など、ありとあらゆる病気にかかわっていると言っても良いほどなのです。

プロポリスの抗酸化作用が老化を防ぐ

体内に発生した活性酸素を除去するには酵素の力が必要ですが、その力が足りない場合は、血液や組織の中に活性酸素の働きを抑える抗酸化物質が必要です。抗酸化物質として、ビタミンC、E、ベータカロチンなどのビタミン類が有名ですが、プロポリスもその仲間なのです。
プロポリスの成分であるフラボノイドやカフェ酸が抗酸化物質として働き、活性酸素を無害化してくれるのではないかと考えられています。また、フラボノイド が結合した細胞膜は、栄養分を選択的に吸収して過酸化脂質を取り込まないとされています。これによって、私達の老化を防いでくれている事になります。

スポンサードリンク
Filed under: プロポリスの効能 — admin 1:11 AM