プロポリスの抗潰瘍効果

スポンサードリンク

プロポリスには、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌に対して、その増殖を抑制する作用がある事が明らかになっています。 ピロリ菌は、胃の内部の強い酸(胃酸)を中和してしまう酵素を持っています。プロポリスはその酵素の働きを妨げる事ができるので、ピロリ菌の増殖を抑制す る作用を発揮できるのです。プロポリスの成分であるフラボノイドの一種、クリシン、ガランギン、ピノセンブリンがその作用を発揮しているとされています。 また、ストレスにより発生した潰瘍に対してもプロポリスはその抑制作用を持つ事が明らかになっています。

ヘリコバクター・ピロリ菌
1983 年 オーストラリアのロビン・ウォレン(J. Robin Warren)とバリー・マーシャル(Barry J. Marshall)により発見された。
胃の内部は胃液に含まれる塩酸によって強酸性であるため、従来は細菌が生息できない環境だと考えられていた。しかし、ヘリコバクター・ピロリはウレアーゼと呼ばれる酵素を産生しており、この酵素で胃粘液中の尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、生じたアンモニアで、局所的に胃酸を中和することによって胃へ定着(感染)している。この菌の発見により動物の胃に適応して生息する細菌が存在することが明らかにされた。
ヘリコバクター・ピロリの感染は、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のみならず、胃癌やMALTリンパ腫などの発生につながることが報告されている他、特発性血小板減少性紫斑病、小児の鉄欠乏性貧血、慢性蕁麻疹などの胃外性疾患の原因となることが明らかとなっている。細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となりうることが明らかになっている唯一の病原体である。
ちなみに、日本語の「ピロリ」という読み方はラテン語pylōrus /pylɔ́ːrus ピュロールス/ の属格pylōrī /pylɔ́ːrɪː ピュローリー/ から来ている。これは古典ギリシア語πυλωρός /pylɔːrɔ́s/ 「門番」からの借用語であり「幽門」を意味する。英語読みの場合は「ピロリ」ではなく「パイローライ」のように発音する。 ※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Filed under: プロポリスの効能 — admin 1:14 AM