プロポリスの免疫賦活効果

スポンサードリンク

「免疫賦活作用」とは、人間の体が本来持つ外部からの異物を除去する機能を強化し活性化させる作用をいい、マクロファージ・Tリンパ球・NK細胞・イン ターフェロン産生細胞などの機能を回復・活性化させます。その効果として、末期ガンの胸水、腹水の減少や、さらにガン細胞を消滅させることもあります。

免疫とはそもそも病気を防いだり、治したりするための生体防御機能です。その免疫機能が異常を漉したのでは健康を維持できるはずがありません。そんな時に 利用したいのが、プロポリスの免疫賦活作用なのです。免疫が異常を起こした状態、つまりアレルギー状態に対して、それを正常化しようとする効能があるのです。
アレルギー反応が起きると、IgE抗体と抗原の反応によって肥満細胞からヒスタミンやセロトニンなどを大量に放出されるのですが、これらの物質がかゆみや湿疹・炎症などを引き起こすのです。こうしたアレルギー反応に対して、プロポリスは

  • 肥満細胞からヒスタミンが放出されるのを阻止する
  • マクロファージ・T細胞・B細胞などの免疫細胞の働きを調整し、免疫機能を正常化する

といった作用をするとされています。こういった免疫賦活作用は、主にフラボノイドの働きによるものと考えられています。フラボノイドは、IgE抗体と抗原 が結合をするのを抑制し、ヒスタミンが肥満細胞から放出されるのを妨げると考えられていますが、他の物質の作用によるものではないかとの異説もあります。 また、NK細胞をも活発化させるという報告もあります。

以上のような作用の他に、抗炎症作用をはじめとするプロポリスの様々な作用が複合的に働いて、プロポリスの相乗的な免疫賦活作用が成り立っているものとされています。
複雑な免疫システムの中で、プロポリスに含まれるどの成分が作用しているのかについてはまだ十分には解明されていません。一連の作用が複雑すぎて研究し切れていないというのが実情のようです。

プロポリスの免疫賦活作用の特徴

プロポリスには免疫賦活作用があるのですが、ただ単に免疫力を強化するといった単純な作用ではないようです。行き過ぎた免疫を抑制し、低下した免疫を強化する、自動制御装置のような働きをするのが特徴だとされています。
免疫力は、過剰反応もアレルギー症状となって病気を引き起こしますが、その低下も健康上から大変な問題となります。免疫力の低下には、高齢やストレス・疲れ・体力消耗などのような場合が考えられます。

年をとると免疫力は徐々に低下してしまいます。免疫システムで重要な働きをする胸腺が、加齢により徐々にその機能を低下させてしまうからです。機能が低下 した分だけ免疫力も低下してしまうのです。また、過度のストレスや、肉体疲労、外科的な手術などによる体力の著しい低下なども免疫力を低下させる原因となります。

スポンサードリンク

通常使われる免疫抑制剤は、名前の通り、免疫を抑制する方向にしか効果がありません。しかし、プロポリスの免疫賦活作用は、過剰な免疫を抑制するだけでな く、低下した免疫を強化する様に作用します。免疫力の低下した40代以上の人には、プロポリスのもつ免疫を強化するという作用は非常に大切だといえるで しょう。


マクロファージ
マクロファージ(Macrophage, MΦ)は白血球の1つ。免疫システムの一部をになうアメーバ状の細胞で、生体内に侵入した細菌、ウイルス、又は死んだ細胞を捕食し消化する。また抗原提示を行い、B細胞による抗体の作成に貢献する。別名大食細胞、貪食細胞とも。名称は、ミクロファージ、小食細胞に対する対語として命名されたが、これは後に様々な機能を持つリンパ球などとして再分類され、名称が死語化した。免疫機能の中心的役割を担っている。
NK細胞
ナチュラルキラー細胞(-さいぼう、NK細胞)は、先天免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種であり、特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要である。細胞を殺すのにT細胞とは異なり事前に感作させておく必要がないということから、生まれつき(natural)の細胞傷害性細胞(killer cell)という意味で名付けられた。形態的特徴から大形顆粒リンパ球と呼ばれることもある。
T細胞
T細胞(ティーさいぼう、T cell、T lymphocyte)とは、リンパ球の一種で、骨髄で産生された前駆細胞が胸腺での選択を経て分化成熟したものであって、細胞の表面にT細胞に特徴的なT細胞受容体(T cell receptor;TCR)を発現している。末梢血中のリンパ球の70〜80%を占める。名前の「T」は胸腺 (thymus) に由来する。1968年にG. F. MitchelおよびJ. F. A. P. Millerによって初めて、マウスの胸管リンパ中に19S溶血素(抗ヒツジ赤血球抗原IgM抗体)産生細胞前駆細胞(すなわちB細胞)及びその前駆細胞を抗原依存性に19S溶血素産生細胞へと分化させる細胞(すなわちT細胞)の二つのリンパ球亜集団が存在することが見出された。
B細胞
抗体は特定の分子にとりつく機能を持った分子で、その働きによって病原体を失活させたり、病原体を直接攻撃する目印になったりする。そのため、抗体を産生するB細胞は免疫系の中では間接攻撃の役割を担っており、その働きは液性免疫とも呼ばれる。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Filed under: プロポリスの効能 — admin 12:53 AM